まさか20代で…他人事じゃない、女性の薄毛の悩み

私は26歳ごろ、脱毛に悩んだことがあります。

その時私は、美容関係の商品を扱う会社の社内制作部におり、商品のチラシやパッケージのデザイナーをしていました。

ある時、鏡を見て、ふと、前髪の生え際近くが一部だけ薄くなっているような気がする、と感じました。

その時は、前髪の分け目のクセがついたのかな、気のせいかな、と思っていたのですが、1~2週間経って、薄かった部分に500円玉ぐらいの大きさのハゲができていて、とてもびっくりしました。円形脱毛症になっていたのです。

私は両親や親戚も、髪の毛が多くて困っているぐらい、毛量が多い家系だったので、まさか20代で薄毛や脱毛で悩むとは思ってもみませんでした。

しかも、その時、直近で特に原因になりそうなストレスを受けた覚えがなかったのです。なぜ、急に円形脱毛症になったのか、本当に不思議に思いました。

しかし、ネットなどで調べたところ「髪が抜けて生えてくるサイクルは6ヶ月程度かかるため、抜けた後に生えてくる髪が皮膚下で育っていないのは、6ヶ月ぐらい前に原因がある」という情報を目にしました。

ちょうど6ヶ月ほど前に、すごく忙しい案件があり、納品直前まで修正があってバタバタするなど、大きなストレスを感じていたこと、また忙しさで生活習慣も乱れていたことを思い出し、それが原因だったのではと思い当りました。

本当は自己判断せずに、一度は皮膚科などの病院や育毛クリニックに行った方が良かったのでしょうが、当時20代だったので、恥ずかしさが勝って病院に行く事ができず、もし様子を見て悪化するようであれば病院に行こう、と考えました。
とりあえず、ストレス源と思しきものが判明し、現在はストレスを受けていないことはわかったので、繰り返し脱毛することはないのでは、と、安心することはできました。

しかし、ネットで情報を調べても、脱毛してしまったあとの対処は髪が生えてくるのに任せるしかない、ということでした。

そこで、母が使っていた「柑気楼」や、温泉水を使用している「髪之助」という、自然派の育毛剤を貸してもらって使いました。

お店で売っている育毛剤は男性向けの商品が多くて、男性ホルモンに関わる薬剤等の配合があったりするのが心配だったのと(私の脱毛は男性ホルモンに関わるものではなかったので)、自分でお店に買いに行くのは恥ずかしかったので、結局、母が持っていた育毛剤しか使いませんでした。

女性向けの育毛剤は、ホルモン系の薬剤などの配合がなく、ナチュラルな成分で新陳代謝を高めたり、頭皮をやわらかくするなど、美容系のアイテムや基礎化粧品と同じような考え方をもとに作られていた商品だったので、安心して使うことが出来ました。

円形脱毛症になったのは初めてだったので、育毛剤を使用した状態と使用していない状態の脱毛の比較ができなかったため、はっきりと育毛剤の効果があったのかどうかはわかりませんが、3~4ヶ月もすると目立たなくなり、半年もすると元通りになりました。体感では、けっこう早く元に戻ったように感じました。
使用感は、どちらもスッキリしていて頭皮がスーッとする感じがあって好きでした。使用中、肌が荒れる、ひりひりするなどのトラブルは特に起きなかったです。

それから現在まで、幸いながら円形脱毛症は起きていません。

昔脱毛した部分が、少し他の部分より白髪が多いような気がするのが少し気になりますが、問題なく過ごせています。

それまで他人事のように思っていた、女性の薄毛や抜け毛の悩みですが、誰にでも、また何歳であっても起こり得る悩みなのだということを、強く感じました。

昔に比べて生え際の髪が少なくなり始めたので、40~50代位になったら、また育毛剤を試してみようかなと思っています。

その時はまた、自然派の育毛剤を選びたいと考えています。

頭皮への影響を最小限に抑えるためにも「天然植物由来成分が使われている」もの「無添加処方」のものを選びましょう。

私が参考にした女性用育毛剤おすすめランキングはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です