私が経験した女性の抜け毛とその対処法

女性の抜け毛というのは、深刻な問題だと私は思っています。

年を重ねれば仕方がないのではと思う人もいるかもしれませんが、私は若いときになりました。

ですので、加齢のせいにも出来なかったのです。

全体的に抜けるというよりは、一部が薄くなるというかんじでした。
円形脱毛症っぽかったようです。

ただ、私は自分で見ることが出来なかったので実際どんなかんじだったかというのは実は分からないのですが、なんとかやっと他の髪で隠せるという程度だったみたいです。

隠せただけ良かったのかもしれませんが..

では実際どういう対処を行ったかというと、応急処置として先ほど説明した通り、他の髪で円形脱毛症のところを隠すという方法です。なんとかなっていたと信じたいものです。
ですが、それだけでいいわけではありません。

結局は、その部分の髪を増やさないといけないのです。
しかも困ったことに、円形脱毛症だけならそれだけに対処すればよかったのかもしれませんが、他の箇所も髪が薄くなってしまったりしていたのです。

ですので、円形脱毛症のところも、少ないところから引っ張ったりしているので、全体的に悲惨な状況だったかもしれません。

せめてもの救いは、それに対して面と向っては何も言われなかったことでしょうか。何か言われていたら、立ち直れなかったかもしれません。

結果的に今の私は、髪が薄くなる前よりも髪が増えています。
髪自体は細いのですが、他の人と比べても決して少なくない量になっていると思います。

ではそれまでに何をしてきたかというと、主には髪を洗う際に色々気をつけていたということでしょうか。私は今まで、ケチっていました。

シャンプーの量もケチりましたし、一回しかしなかったので、普通だったら取れるような汚れも取れなかったのかもしれません。

髪に悩み始めてからは、一回の量を微妙に増やし、一度に二回シャンプーするようにしました。

そうすると、一回目は全然泡立たなかったのに、二回目はしっかり泡立つのです。

きっと今までは、汚れが落ちきっていなかったのでしょう。髪が抜けてしまうのも納得です。

回数を増やすと髪がよりいっそう抜けてしまうのであという不安もなかったわけではないのですが、汚いほうがもっと抜けるだろうと思い直しました。
あと、それまでは毎日シャンプーをしていたのですが、洗いすぎもいけないという話を聞いたので、これも勇気が必要だったのですが、隔日にするようにしました。

それ以降、髪が抜けにくくなったような気がします。

あくまでなんとなくなので何とも言えませんが、結果的に髪が増えていることを考えると、強ち間違っていないのかもしれません。

あとは、髪のとかし方も変えました。
今までは本当に適当にとかしていたのですが、丁寧にやるようになりました。
まず毛先をとかして、十分にほぐれたなと思ったら上からとかしていくというかんじでしょうか。
あまり髪に無理をさせなくなったのかもしれません。
以前は髪をとかしただけで結構抜けていました。
そんな適当にやっていたら抜けるのも無理はありませんよね。
そんなことをしているうちに、いつの間にか髪が増えていきました。
実は自分では実感がなかったのですが、美容院に行ったときに担当の人が、前より増えていると言ってくれたのです。
そんなことを言うのかと思われるかもしれませんが、そもそも担当さんに相談していたのです。
ですので、増えていると言ってもらえて本当に嬉しかったのです。
それ以降も、順調に増えていきました。
髪に気を使うだけでこんなに違うものかと思い、それと同時に、今までどれだけ蔑ろにしていたのかと自分で自分にがっかりしたものです。
今はもう、すっかり大丈夫です。

育毛クリニックで対策 抜け毛や薄毛に関する体験

育毛クリニックに行くのには抵抗がありました。女性としてもそれはウィッグで確かめられないところはあるので、一応というより、真剣に育毛クリニックをさがしたのです。

結果的に、こんなところにクリニックがあるなんて、という住所を探し出し、通いました。そこでは、まずウィッグを外してください。と言われると思い、帽子だけかぶっていったのですが、かるい検査ぐらいで、そこまで見られませんでした。

あそこにカメラが有るのを確認いただけますか?といった質問があり、はあと返事をするとそれでよかったのです。そして、育毛についての病状は詳しいですか?これを読んでください。とだけ言われ、漢字が読めなければ、質問をどうぞ。というドクターからの問いかけがありました。

それで、ほどなく、初診は終わったのですが、AGAという名前すら見なかったです。

あたらしい医療用語に関しては、すぐに差別用語なので使用しないようにとなる、医療関連の情報はキャッチしていたので、診察は軽い感じであんしんしました。

・悩んだこと

悩んだことは、会社で他の同僚に悟られたらどうしようとおもっていました。ですが、主人には隠すことができないので、いまこんなかたちになってるのよ。

と軽く頭頂部を見せるようにしていたのですが、主人もなにもいいません。おそらく、瞬時にみて悟るんでしょうけれども、それでおとがめがあるかというと、逆に優しくしてくれました。

それで、クリニックに続けて通っています。クリニックの方も、指導が激しいようで、絶対に顧客に不安や迷惑を与えてはならない。という標語があるのです。

これは、医者側としても、お客様サービスのかたちで提供するのだと実感しました。

そして、徐々にではあるのですが、隙間風がそれほど気にならなくなってきたのです。

これはと思い、主人にまた確認してもらうと、ちょっとスマイルをくれるかたちなので、よかったと、あんしんしています。自分の頭頂部を鏡で見るのは恐怖なので、その第三者の反応で確かめるようにしています。

多少、育毛とは少し違う、濃くなるようなものも使用しますが、やはりドクターであれば、それを見透かして、わかるようなものです。これは、さすがだなと思いました。

悩んだことは、その経過がよくならなければ、配偶から叱咤されるのではないかと、不安になったことです。つまり、お金の面でも、配偶に苦労をかけるわけにはいかないので、すぐに良くなりたいとの願はかけています。

ただし、しょっちゅうの対策で、クリニックを通さないときは、やはり実費で出ていきます。よさそうなものは、昆布・ワカメだと、主人から口を酸っぱくして言われています。

 

実際体験としては、だいぶ良くなってきたという印象になります。とくに、親族や親しい人から、ちゃんと認められないと、鬱でまいってしまい、別の薬も必要になってしまうらしく、たかがAGAとは呼べないのです。

そして、女性の方が辛いんです。という言葉を受け止めてくれる人が大事になります。

ただ、ウィッグを部屋の中でつけたままにしておいたほうがいいですか?とドクターに聞くと、ご主人に相談してください。ときっぱり言われました。わたしとしては、蒸れるといけないんでしょうか。と質問すると、クリニックでは、それが分かっているなそうしてください。と結構冷たい反応です。

質問の仕方がわかりにくいと、医療系では、問診が長引くので、次のお客さんに迷惑にならないようにしなくてはならないと、通院しています。

職場ではばれないようにしていますが、配偶や親戚から一応の承認があると、比較的安心できるものです。

ダイエットが原因で起こる女性の抜け毛!食改善で健康的な髪の毛に☆

30代、40代、産後の方が多く悩む「女性の抜け毛」。
私は昔から髪の毛が多く、今まで抜け毛に悩んだことはありませんでした。

ところが、20歳の時のこと。
断食ダイエットや置き換えダイエットなどをして2か月で10キロのダイエットに成功しました。
断食ダイエットの時はコンビニに売っているクレンズジュースで5日間過ごし、置き換えダイエットでは2食を酵素ドリンクに置き換えていました。

肌荒れ予防で栄養を摂るためにクレンズジュース、酵素ドリンクでビタミンを摂るように心掛けていたのですが…。

2ヶ月で10キロ痩せたことが身体に負担がかかってたみたいで、気づけば頭の分け目がくっきりわかるくらい髪の毛が薄くなっていました。

最初は頭皮の乾燥や結びすぎなどを疑いましたが、オイルでマッサージしたり髪を下ろしていても全く改善しませんでした。

こんなことが起こらないようにビタミンをしっかり摂ってダイエットをしていたのですが、まず食事制限だけで10キロも落としたことが間違いでした。

ネットで見たヘアケアをたくさん試しましたが、頭皮の分け目は薄くなっていくばかりで治る気配がありません。

自慢のロングヘアーがボリュームがなくなってぺちゃんこになり、髪を染めることもできなくなって日に日に外見がコンプレックスになっていきました。

髪の毛の薄さがピークの時は、帽子がないと外出できませんでした。
髪を巻いてトップにボリュームを出しても、時間が経つとぺちゃんこになったり…。
髪を結ぶと髪の隙間から頭皮が見えて部分的にハゲてるように見えたり…。
20歳で薄毛に悩むなんて恥ずかしくて誰にも相談できませんでした。

育毛クリニックや皮膚科を勧められたりもしましたが、恥ずかしくて通う自信がないんです。

そろそろウィッグの購入を考えているとき、久しぶりに会った祖母に言われたんです。
「基本の食生活ができていないとどんなにヘアケアにお金をかけても髪の毛は綺麗にならないよ。」

当たり前のことのように聞こえますが、私には大きなアドバイスになりました。
この祖母の言葉をきっかけに、本格的に食事改善を始めました。

ダイエットに成功してからは、体重を維持するために1日2食ヘルシーな食事をしていました。
というのも、私は運動が大嫌いで食べた分だけしっかり太る体質なので、運動不足の私でも消費できるくらいのカロリーに抑えるようにしていたんです。

ですが、やはり健康的な身体と美髪を手に入れるには運動が必要不可欠。
1日最低20分は有酸素運動を取り入れるようにしました。

そして、栄養をしっかり摂れるように1日3食、カロリーは気にせずに栄養バランスのことだけに集中しました。

特に髪の毛に必要な栄養は「タンパク質」だと聞いたので、鶏肉や豆腐、豆乳などを毎日摂るようにし、炭水化物を抜くことを辞めてみました。

最初は1日3食になって太ってしまわないか心配でしたが、有酸素運動を始めたので体重が大幅に増えることはありませんでした。

食改善を始めて1週間。
最初に変化が出てきたのが肌です。
顎のニキビがなくなって肌が乾燥しにくくなり、ハリがでてきました。

肌が綺麗になってモチベーションが上がり、体重増加の不安と戦いながら1日3食しっかり食べ続けました。

そして食事改善を始めて2ヶ月。
髪の毛にコシが出てきて髪全体が重くなってきました。
髪の毛がいつの間にか増えていて、髪を結んでも地肌が覗くことはありません。

髪の毛が完全に元に戻ったのは3か月後です。
髪の毛が増えた、というよりは、髪の毛1本1本が太くなって髪の毛の密度が濃くなり、薄毛が改善されました。

改めて、食事の影響力の凄さに気づかされました。
栄養が偏るとこんなに苦労するなんて思ってなかったし、食べ物が身体を作っていることをきちんと実感することができました。

まさか20代で…他人事じゃない、女性の薄毛の悩み

私は26歳ごろ、脱毛に悩んだことがあります。

その時私は、美容関係の商品を扱う会社の社内制作部におり、商品のチラシやパッケージのデザイナーをしていました。

ある時、鏡を見て、ふと、前髪の生え際近くが一部だけ薄くなっているような気がする、と感じました。

その時は、前髪の分け目のクセがついたのかな、気のせいかな、と思っていたのですが、1~2週間経って、薄かった部分に500円玉ぐらいの大きさのハゲができていて、とてもびっくりしました。円形脱毛症になっていたのです。

私は両親や親戚も、髪の毛が多くて困っているぐらい、毛量が多い家系だったので、まさか20代で薄毛や脱毛で悩むとは思ってもみませんでした。

しかも、その時、直近で特に原因になりそうなストレスを受けた覚えがなかったのです。なぜ、急に円形脱毛症になったのか、本当に不思議に思いました。

しかし、ネットなどで調べたところ「髪が抜けて生えてくるサイクルは6ヶ月程度かかるため、抜けた後に生えてくる髪が皮膚下で育っていないのは、6ヶ月ぐらい前に原因がある」という情報を目にしました。

ちょうど6ヶ月ほど前に、すごく忙しい案件があり、納品直前まで修正があってバタバタするなど、大きなストレスを感じていたこと、また忙しさで生活習慣も乱れていたことを思い出し、それが原因だったのではと思い当りました。

本当は自己判断せずに、一度は皮膚科などの病院や育毛クリニックに行った方が良かったのでしょうが、当時20代だったので、恥ずかしさが勝って病院に行く事ができず、もし様子を見て悪化するようであれば病院に行こう、と考えました。
とりあえず、ストレス源と思しきものが判明し、現在はストレスを受けていないことはわかったので、繰り返し脱毛することはないのでは、と、安心することはできました。

しかし、ネットで情報を調べても、脱毛してしまったあとの対処は髪が生えてくるのに任せるしかない、ということでした。

そこで、母が使っていた「柑気楼」や、温泉水を使用している「髪之助」という、自然派の育毛剤を貸してもらって使いました。

お店で売っている育毛剤は男性向けの商品が多くて、男性ホルモンに関わる薬剤等の配合があったりするのが心配だったのと(私の脱毛は男性ホルモンに関わるものではなかったので)、自分でお店に買いに行くのは恥ずかしかったので、結局、母が持っていた育毛剤しか使いませんでした。

女性向けの育毛剤は、ホルモン系の薬剤などの配合がなく、ナチュラルな成分で新陳代謝を高めたり、頭皮をやわらかくするなど、美容系のアイテムや基礎化粧品と同じような考え方をもとに作られていた商品だったので、安心して使うことが出来ました。

円形脱毛症になったのは初めてだったので、育毛剤を使用した状態と使用していない状態の脱毛の比較ができなかったため、はっきりと育毛剤の効果があったのかどうかはわかりませんが、3~4ヶ月もすると目立たなくなり、半年もすると元通りになりました。体感では、けっこう早く元に戻ったように感じました。
使用感は、どちらもスッキリしていて頭皮がスーッとする感じがあって好きでした。使用中、肌が荒れる、ひりひりするなどのトラブルは特に起きなかったです。

それから現在まで、幸いながら円形脱毛症は起きていません。

昔脱毛した部分が、少し他の部分より白髪が多いような気がするのが少し気になりますが、問題なく過ごせています。

それまで他人事のように思っていた、女性の薄毛や抜け毛の悩みですが、誰にでも、また何歳であっても起こり得る悩みなのだということを、強く感じました。

昔に比べて生え際の髪が少なくなり始めたので、40~50代位になったら、また育毛剤を試してみようかなと思っています。

その時はまた、自然派の育毛剤を選びたいと考えています。

頭皮への影響を最小限に抑えるためにも「天然植物由来成分が使われている」もの「無添加処方」のものを選びましょう。

私が参考にした女性用育毛剤おすすめランキングはこちらです

気になるなら早めに薄毛対策を!女性の抜け毛の悩み解消しました

30代前半までは髪に何も問題を感じていませんでした。しかし、35歳を過ぎてから急に抜け毛の量が増えだしたので気になるようになったんです。ドライヤーで髪を乾かした時、浴室で髪を洗った後など、床にはたくさんの髪の毛が落ちるようになりました。また、朝起きた時に枕に必ず数本の抜け毛が落ちているようになったんですよね。

出勤前には髪をセットしますが、だんだん髪がふわりと立ち上がらなくなり、髪をセットするのにすごく時間がかかるようになってしまったんです。じっと頭頂部を見ると年々分け目が広がっていっているような気がしますし、頭全体が薄くなってきていることがわかり、このまま放置しておくのは怖いと思うようになりました。

同い年の友人達と会っても、私が一番髪が薄いことに気づきました。もともと髪質は細くて柔らかいのでボリュームはありませんでしたが、30代後半になりもっとボリュームがなくなって実年齢よりもかなり老け顔になってしまったんですよね。

友人達と食事をしても薄毛のことが気になり全然楽しむことが出来ませんし、仕事中にも周りの人の視線が気になってしまい集中できなくなってしまいました。誰かが私の薄毛を見て笑っているのではないかと、気にするようになってしまったんです。そこで思い切って薄毛対策をすることにしました。

現在40代前半ですが、薄毛対策をして一年ぐらい経ちます。まず、私がやってみたのはシャンプーを買い替えることです。市販の安いシャンプーをずっと使ってきたのですが、調べてみると刺激の強いタイプのようで、抜け毛や薄毛になっていて頭皮環境が悪化している状態の頭に使い続けると、さらに薄毛が進行してしまうと思ったんです。

そこでアミノ酸シャンプーを使うことにしました。アミノ酸シャンプーは、頭皮や髪に非常に優しいシャンプーです。泡立ちは今まで使ってきたシャンプーよりもありませんが、使用後の頭皮がとてもさっぱりしますし、きしんだりしません。指どおりがとてもなめらかでパサパサしていた髪がだんだんしっとりしてまとまるようになりました。

次に女性用の育毛剤を使ったんです。私が選んだ女性用育毛剤は、花蘭咲です。エビネ蘭エキスが配合されていて頭皮や髪に優しそうですし、血行促進作用があることを知り使ってみたと思いました。ボトルはまるで化粧品のようですし、夫や家族に内緒で薄毛対策をしたかったのでいいなと思ったんですよね。

頭皮につけて軽く頭皮マッサージをすると、じわじわと温かくなってくるんです。それがとても気持ちが良いんですよね。血行が促進されていることを実感。効果がありそうだなと期待しました。

このようなシャンプーと育毛剤で薄毛対策をして三ヶ月ぐらい経った頃に、髪の毛があまり抜けなくなってきたんです。同時にフケ、頭皮のかゆみ、ベタつきなども気にならなくなってきてほっとしました。

現在一年ぐらい経ちますが、頭頂部から新しい髪の毛が生えてきて分け目が目立たなくなりましたし、髪の根元にハリが戻ってきたおかげでふんわりとトップにボリュームがでるようになったんです。一年間朝と晩に育毛剤を使い続けた効果ですね。

もっと早くに薄毛対策をしていれば良かったなと思いました。薄毛になった時はすごく自分に自信がなくなってしまいましたが、今はプライベートも仕事もすごく楽しむことができるようになりました。

数年間、抜け毛や薄毛に悩まされてきましたが、薄毛対策をすることで悩みが解消しました。女性の抜け毛ってすごく気になりますよね。女性にとって髪はとても大切なものですし、もし抜け毛や薄毛が気になるようになったら早めに対策をしたほうが良いと思います。